ブラックりりこの「私の毒舌聞きたい?笑」

毒舌りりこが炸裂するブログ

韓国は一体どこへ行く??

どうも。お久しぶりでございます。

 

最近ここんとこ正直韓国に

関心を持ってなかったのですが、

さすがにあのムン・ヒサンの

暴言にはムカッときている

毒舌りりこです

 

 

 

なんで、政治的立場の人が、

平気であんな事を言えるのかね。

 

「バカ」なのかな?(笑)

 

と思ってしまうぐらい、

怒りを通り越して呆れてしまいました。

 

まあ、そもそも天皇陛下

世界的位置付けを知らないようだし。

 

日本の国は天皇陛下が政治介入している

と思っているみたいだから、

仕方ないのか。

 

天皇陛下は日本の象徴」と言って

解る外国人は、どれくらいいるのかも

怪しいけど、日本人にとっては

大事な存在なのは確か。

 

なぜ、私達日本人が天皇陛下

ふれられると感情が揺れ動くのか。

 

それは、天皇陛下の存在が

日本そのものの存在であり

天皇陛下にいちゃもんつける

つけられると、自分たちの

存在を否定されるのと

同じ意味をなすから。

 

天皇陛下は、個人ではなく

日本人の集合体なのです。

 

生きた日本国なのです。

 

だから、天皇陛下がいなくなると

日本は入れ物だけになってしまう。

 

 

要するに、人間が身体と心で

できているように、私達それぞれの

日本人は日本の土地(身体)と天皇陛下(心)

から分離した集合体なのです。

 

 

だから、今回おおもとの心を傷つけられ

侮辱されたわけなのだから、

感情が大幅に揺れるのは当たり前の事

なのです。

 

個人個人で生きている韓国人や

その他の国の人たちは

国と個人が完全に分離しているから

分からないだろうなあ。

 

 

日本が戦争の時、特攻隊という

ものが成り立ったのは、

日本の本体を守るためだったから。

 

凍傷しかけている時、

手足を切断するでしょ?

でも勝手に手足が

「俺は切られたくない〜〜」

なんて騒がないじゃん?

それと一緒のようなもん。

 

それぐらい、日本人は天皇陛下

ともに生きている。

 

だから、アメリカはこれ以上

天皇陛下に手を出すと

日本人を懐柔できないと

思ったから、当時の昭和天皇

手を出さなかった。

 

人間心を壊されたら、みんな

錯乱するでしょ。

尋常じゃないぐらい狂った奴らが

国中に溢れかえるんだもん。

 

そりゃアメリカも殖民地どころか

原住民に殺される危機感

感じるよね(笑)

 

さて話を戻すが、

アメリカさえ虎の尻尾は踏まない

ように気をつけてきたのに

韓国のうっかりさんは

虎の尻尾を踏みつけたことも

気づかずに、尻尾を何回も

踏みつけている。

(そりゃ分かんないよね。

戦争参加してないもん。

日本人の本当の恐ろしさ見て

ないもんね。)

 

韓国は尻尾を踏んでいることに

気づく事があるのだろうか?

 

いやもしかして、わざと尻尾を

踏んで楽しんでいるのかもしれない。

 

韓国はほんとに悲しい国だ。

 

なんでもっと平和的に感情を

持てないのかね。

 

戦争はとっくの昔に終わった。

世界は平和に向けて歩いているのに

どうしていつも後ろ向きに歩く?

 

敵を作ったって、イイことなんて

ほとんど無いのに。

 

反日活動してて、本当に楽しいの

だろうか?

 

反日活動して、韓国の国の人々の

暮らしは良くなったのだろうか?

 

今まで散々日本に謝罪を求め、責め、

むしりとったお金は、

今までちゃんと韓国人全ての人に、

行き渡っていったのだろうか?

 

韓国人1人1人にいい加減

気づいて欲しいよね。

 

本当の敵は日本ではなく

自国の中にいることを。

 

そして、各々の心の中にもね。

 

だれか、韓国人に心のあり方を

教えてやってください(笑)

 

儒教キリスト教では

どうも難しいようなので。

 

 

 

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました。