ブラックりりこの「私の毒舌聞きたい?笑」

毒舌りりこが炸裂するブログ

玉音放送とは。

どうも、こんにちは。

 

暑い日もなんのその、毒舌りりこです。

 

 

 

毎年8月は、日本人にとって

忘れてはならない日がある。

 

そうそれは原爆が落とされた日。

そして終戦の日

 

大勢の罪のない人達が、

一部の私利私欲にまみれた人達の

ために、多くの命を失い、その家族を

悲しみのどん底に突き落とされた

もっとも残酷で悲惨な記憶。

 

終戦の日に放送された昭和天皇

玉音放送って、よくテレビで

流されてたけど実は言葉が難しくて

よく理解できていない人も多いと思います。

 

恥ずかしながら、私もその1人。

 

 

でも、今朝は玉音放送の現代訳を

発見しました。

玉音放送を現代語にすると...「耐え難いことにも耐え、我慢ならないことも我慢して...」【終戦の日】

 

 

あらためて、読むと

日本は日本の誇りと世界の安寧を願って

いたのだと良くわかります。

 

やり方は間違っていたのかも

しれませんが、決して日本はよその国を

侵略する為に戦争を始めたわけではない。

 

ただ、結果的に一部の国の人達に

そう思われたけれど、もし日本が

立ち上がらなかったら、日本も

日本を侵略国家だーと騒ぐお隣の国々も

なかったかもしれない。

そもそも、民族ごと抹殺されて

この世には存在できていないかも

しれない。

 

 

「ニホンジンガーー!!」と騒ぐ

国の人々には日本が侵略した

(したつもりはないが)事だけに集中して

考えるのではなく、冷静に

「戦争はなぜ起こったのか?」、

「なぜ日本が動いたのか?」を

考えてほしいものです。

 

一人一人が、ちゃんと自分達の国の

事だけでなく、世界がどう動いて

いたのかを知るだけでも違ってくるのに、

どーして、中国、韓国、北朝鮮

冷静に物事を深く考えられんのかね。

 

思慮が浅い、浅すぎるっ!

 

あぁ!言っちゃった 笑笑

 

 

 

てなわけで、玉音放送の内容は

日本人もちゃんと知っとくべきだと

思います。

 

できれば、韓国人にも中国人にも

知ってほしいなあ。

 

 

 

ではでは、また!

 

 

そして、さらに世界の平和を願って、

もう二度と人々が悲しみに

包まれないように祈りましょう。