ブラックりりこの「私の毒舌聞きたい?笑」

毒舌りりこが炸裂するブログ

幸せかどうかは自分が決める

こんにちは!

毒舌りりこです(笑)

 

と言っても今日は毒舌な話では

ない話です。

 

昨日の夜に見ていたニュースですが

みなさんは、昨年起こった

「神奈川県最上原 障害者施設殺傷事件」

を覚えていますか?

 

ひどい、事件だったので、私には

印象深かったニュースの1つでもあります。

 

当時、犯人は身体に入れてた刺青の

せいで、働いていたその施設を

解雇させられたからというような

理由で犯行に及んだと報道されていました。

 

なんて、幼稚で身勝手で、しかも

寝たきりになっている障害者をわざわざ

狙っていった経緯を聞くと、

本当に心が痛みました。

 

そして、あれから1年。

JNNの記者と3通の手紙のやり取りを

したというニュースが昨晩取り上げられて

いました。

 相模原殺傷事件から1年、植松被告 3通の手紙と魚の絵

 

手紙の内容は

 

「私は意思疎通のとれない人間を安楽死させるべきだと考えております」「人の心を失っている人間を私は心失者と呼びます。心失者は人の幸せを奪い、不幸をばら撒く存在です」「私の考えるおおまかな幸せは“お金”と“時間”です」

 

というような事を書いてあったそうです。

 

あらためてこの犯人の異常さが

わかります。

 

障害者は人の心は失っていない。

感情はあるし、むしろピュアです。

 

私が卒業した小学校でダウン症などの知的障害を持つ子供を受け入れる特別学級も

併設されていて、たまに一緒に授業を

受けたりするような、福祉に力を入れていた

学校だったので、小学生の頃から

身近に障害を持つ人と触れ合うことが

できました。

 

表面だけ見てると確かに普通の人と

違うこともあり、能力の差も

ありますが、花を見れば、

「キレイだね」とか、ちゃんと素直に

自分の感情を表現することも

できます。

 

だいたい、幸せかどうかは

健常者であれ、障害者であれ本人が

決める事であって、他人が決める

ことではないし。

 

そして、幸せの概念も人それぞれ。

 

人はそれぞれなのに、相手を認めることが

できない自分の心の弱さに問題ある事に

気づけない犯人はある意味可哀想な人

だなあと思ってしまった。

 

 

現実は自分が作る。

 

幸せも自分が作る。

 

決して、人や環境の問題ではない。

 

世界は、常に自分が作っているのだ。

 

 

犯人の幸せは「お金と時間」と

手紙の中で言っています。

 

じゃあ、

お金は一体どれくらいあったら幸せ?

 

時間は、どういう風に使えば幸せ?

 

 

お金と時間は、本人の感覚で

価値が決まります。

 

側から見たら、

「この人、勿体無い時間の使い方するなあ〜」と思ったとしても、その本人は本人の世界で

本人の使い方をしてるので、決して無駄な

時間を使っているとは思っていないのです。

 

お金だって、沢山使っても使い方次第です。

 

ものに執着し、手に入れたとしても

一瞬のワクワクでは心は満たされない。

 

お金は強力なエネルギーです。

使い方は慎重にしないと

お金にエネルギーを吸い取られて

しまいます。

 

自分の心が満たされる使い方は

生きたお金になりますが、

使っても使っても、満足しない使い方は

死んでるお金になっています。

あと、目的なく貯めているお金も

閉じ込めてしまっては、外に出たがって

結局沢山のお金が逃げていくことに

なります。

 

実はお金持ちの人は、

お金の使い方を知っているので、

さらにお金が寄ってくるのです。

 

お金持ちって、優雅に贅沢に暮らしてる

と思いがちですが、普段は意外と

質素に暮らしています。

 

私の友人のお母様は、地域の新聞の

長者板付けに載っていたぐらいの

お金持ちでしたが、普段の食事は

「納豆があれば贅沢な食事。

粗食の方が1番健康な食事よ!」など

言っていたぐらいです。

 

でも、使うときはバーンと使う。

そのお母様は、福岡の博多の一等地に

ビルを購入してました。

 

まさにお金持ちの法則(笑)

 

幸せになりたいという人は、

たいてい自分のことを知らないのです。

 

自分がどうしたら、幸せと思うのか?

 

自分がどう生きたら、楽しいのか?

 

他人のせいにしても、環境のせいにしても

自分の心から逃げていたら何も変わらない。

 

自分の人生なのだから、

自分に責任を持って生きること。

 

自分の世界の中心は、自分なのだから。

 

 

さて犯人も早く自分の心の闇と向き合い、

他人の世界に自分の幸せはないということに

早く気づけるといいですね。

 

 

 

と、言うわけでこれをもっと深く

掘り下げていくとまた長くなるので

それはまた今度ということで。

 

 

では、また(´∀`)/